象牙の買取 | 日本の優れた鍛冶技術の最高峰はまず買取業者を探してみましょう

象牙の買取

象牙の買取価格について

象牙とは哺乳類動物である象の発達し長大になった牙、所謂門歯のことです。その買取価格は重さに比例します。買取の相場は二キログラム以上から取引されます。例えば二キログラムなら八千円程度で買い取られる所があります。それ以上なら最大で三万円くらいで買い取られることもあります。象牙とは象の切歯のことですが、この切歯はただコレクターなどによって買い取られて置物のように何の加工もされていないわけではなくきちんと加工された状態に仕上げられていることもあります。どんな加工がされているのかと言うと、一般的には大仏の形を模ったような造形に仕上げたものなどがあります。このような加工は職人の技術によってなされていることが多いです。加工されることにより買取価格は上がります。

その手入れなどについて

象牙というのは日に日に時間が過ぎていき、そのままの状態で変わることなく保つことはまずできないそうです。日々の手入れがコレクターの中では必要とのことです。その手入れというのはまず水で濡らしてから乾いた布でふき取っていきます。そして天日干しにし乾かしていきます。これを定期的に行っていきます。光沢性を引き出す方法としては湿った布で象牙の表面の汚れをふき取り、研磨性のものが含まれない光沢剤で磨き艶やかさを出します。これによって象牙の表面はピカピカになります。出来るだけ布がきれいな部分でふき取るようにしましょう。近年象の乱獲に伴いその数は減少傾向にあります。象牙の輸入の生産地は外国のアフリカでその乱獲には歯止めがかかったそうです。今現在の象牙の買取は難しいかもしれません。